FC2ブログ
  1. Top
  2. » FX・為替・外貨知って得するニュース

資源国通貨売り継続 原油安で

FX・資源国通貨・為替・金利関連ニュース
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33192620080811

引用開始

11日の東京市場は原油価格に揺さぶられる展開となった。
これまでみられた原油買い/ドル売り/株売りなどの投機資金による裁定取引の縮小や巻き戻しが起きているとの観測が広がった。

加えて、株式市場では自民党の証券税制優遇に関わる話題を受け、日経平均が一時300円を上回る堅調な値動きとなった。
一方、外為市場では、ドル/円が1月以来の110円台に上昇したものの、資源国通貨の下落でクロス円の軟化に歯止めがかからず、不安定な値動きが続いている。

<原油下落でマネーが株やドルに、証券税制優遇措置も株高支援>

原油先物価格(9月限)は8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で一時1バレル=115ドルを下回る大幅安となり、ドルや株の支援材料となった。
週明けの日本時間で116ドル付近に上昇しているが、反発の勢いはかつてに比べて鈍い。 

株式市場では日経平均が一時300円超上昇した。
前週末の米株高と円安を好感し輸出関連銘柄などに買いが入った。
自民党の麻生太郎幹事長が9日、300万円までの株式投資について配当金を非課税とする制度の検討を表明したことも材料視されている。
「大口の先物買い戻しが入り、指数の上昇に寄与している。海外勢の買いが活発化しているわけではなく、短期筋の先物売買が中心だ」(大手証券エクイティ部)という。

市場では「原油買い/ドル売り」や「原油買い/株式売り」などの投機資金による裁定取引の縮小、巻き戻しも一部で起きているとの見方が強まった。
内外の景気減速に対する懸念は根強いものの、「WTIなど国際商品市況の下落によるスタグフレーションという最悪シナリオは回避されつつある。
外部環境は資源安、円安、総合景気対策とトリプルメリットに傾いた。そう悲観的になることはない」(SMBCフレンド証券株式ストラテジストの中西文行氏)との声も出ている。

新光証券エクイティ情報部マーケットアナリストの高橋幸男氏は、原油価格の下落を受けドル/円の上昇が進んでいるが、クロス円は円高傾向で、ドル独歩高の様相と指摘する。
そのうえで「資金の流れは原油からドルや株式に戻ってきている」との見方を示す。

高橋氏は「国内株も円安を受けて輸出株が買い戻されているほか、企業決算もピークを越えて決算売り懸念がなくなり買い安心感が広がっている」という。
ただ、「実需の投資家が国内・海外ともに動いておらず、先物主導の展開が続いている。国内景気対策や証券優遇税制の拡大など一定の期待感はあるが、実現には不透明感が強く、市場への下支え効果は今のところ限定的だ」と述べている。 

<資源通貨安は底が見えず、新たなドル買い局面に懐疑的な見方> 

クロス円では、朝方から、ファンド筋による活発な円の買戻しが進み、ドル円相場の上値を抑える動きにつながった。
クロス円動向は今後も注目点となりそうだ。ある外為専門会社の関係者は「クロス円でのユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル売りが活発化しておりこの流れがいっそう進んで、結果的にドル/円相場でドルの弱みが出てくるのか、それとも、日本経済の軟調さに目が移り、ドル高/円安に収れんするのかが焦点だ」と指摘される。

同関係者は現在の市場構造からみると、「いったんドルから逃げた資金が、再度ドルに戻ってきているという構図で、決して新規のドル買いが進んでいるわけではない」とし、「ドルがイーブンな状態に戻りつつある過程であって、ドル/円が112円台を目指す可能性は極めて小さい」との見立てだ。

現在の市場のセンチメントは、欧州の利上げストーリーがなくなり、思ったよりドル買いが安心という雰囲気で、これが、このところのドル高/欧州通貨安の推進力となっている。
特に、ユーロ/ドルは、5カ月半ぶりの1.49ドル台に下落した。
市場では「ECBの利上げストーリーはなくなった」(外為専門会社)との認識が広がり、少なくとも今週についてはユーロの上値が重いと見る向きが多い。

「今週に限ってみれば、ユーロ圏や豪州、ニュージーランドから弱い景気指標が予想される一方で、米国の小売売上高や消費者物価指数(CPI)は上振れの可能性もあり、相対的にドルを選好する動きは続くだろう。また、商品価格が一段と下落すれば、ドルの上昇余地は高まる」とロイヤルバンク・オブ・スコットランドのヘッドオブFXストラテジー・山本雅文氏は言う。

だが、IMM通貨先物市場(5日時点)における非商業筋の動向をみると、2007年初以来初めて米ドルのポジションがロングに転じている。
一方で、NZドルはショートに転じ、豪ドルのロングは縮小している。
「これらを見ると、これまでと同じペースでのドル上昇トレンドが持続するとは思えず、ドルは短期的なピークを探る展開となるだろう」と山本氏は予測する。

引用終了


FX初心者 必勝法
デイトレ初心者
オーストラリアドル FX 比較 業者
アイスランドクローナ FX 比較 業者
トルコリラ FX 比較 業者
FX スワップ レバレッジ
トレイダーズ証券の外国為替取引

オーストラリア・ドルが米ドルに対し半年ぶり安値に下落 オーストラリア準備銀行(RBA)が利下げの可能性を示唆

オーストラリアドル・為替・金利・FX関連ニュース  ブルームバーグ
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aUxqk5mI9T_c

引用開始

11日の外国為替市場では、オーストラリア・ドルが米ドルに対し半年ぶり安値に下落。
景気が減速しており、オーストラリア準備銀行(RBA)が利下げの可能性を示唆したことに反応した。

豪ドルは、先月付けた25年ぶり高値からの下落率が10%に達した。RBAは11日、内需の「大幅な鈍化」で成長率が昨年の半分程度に落ち込み、失業率も上昇するため、利下げ余地が今後拡大するとの見通しを示した。
またロシアとグルジアの対立激化で、安全性への逃避による米資産への資金流入が増えたことも豪ドルの押し下げ要因となった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのヘッド・オブ・FXストラテジー・ジャパンの山本雅文氏は、RBAが先週発表した引き締め姿勢を緩めるとの方針をあらためて示したと説明、これは短期的な利下げの意図を表しており、豪州とニュージーランドでは、来年にかけて追加利下げがあると指摘。
この影響で両国の通貨はさらに下落するとの見方を示した。

引用終了


FX初心者 必勝法
デイトレ初心者
オーストラリアドル FX 比較 業者
アイスランドクローナ FX 比較 業者
トルコリラ FX 比較 業者
FX スワップ レバレッジ
トレイダーズ証券の外国為替取引


ニュージーランドドル利下げでもFXスワップ金利ねらい買い殺到

FX・ニュージーランドドル・スワップ金利 関連ニュース  ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/series/inside/08_09_003/

引用開始

7月24日の日本時間午前6時、ニュージーランドは0.25%の利下げを発表、政策金利を8.25%から8%とした。
これを受けて、ニュージーランド(NZ)ドルは対米ドルで0.75ドルから0.74ドルへ、対円で81円から80円へと急落。
しかし、日本では「80円に近づいたところで、すさまじい勢いで買いが入った」(市場関係者)という。

5年ぶりとなる利下げに踏み切ったのは、景気後退懸念があらわとなったからだ。
雇用、設備投資、住宅建設件数などの各種指標は顕著に悪化し、信用リスクも高まっている。
2009年3月までの経済成長率見通しは、1%に下方修正された。

そもそも同国は慢性的に経常赤字で、経済の脆弱性が否めない。
資源国のオーストラリアと関係が深く、また自身も農畜産物の輸出国であることが投資家人気の一因だが、資源国通貨としては格が不足だ。
強過ぎる通貨と高過ぎる金利は経済にも悪影響を及ぼしており、年内にさらに2度ほどの利下げを断行する可能性が高い。

これだけの材料が揃っているにもかかわらず、NZドルは依然、高値圏にある。
海外勢のファンドなどは売り圧力をかけているのだが、「“金利が高くて押し目なら買う”という行動しか取らない日本の個人投資家が、買い支える構図」(田中泰輔・リーマン・ブラザーズ証券チーフ外国為替ストラテジスト)にあるためだ。

NZドル証拠金取引(FX)のネットポジションは、この半年で4~5倍にもふくらんだ。
NZドル建て債券も、日本の個人投資家への販売額が同国の経常赤字比80%以上にまで達しており、06年には、来日したカレン副首相兼財務相が、市場関係者に“リスク”を説明するに至っている。

過去にも、NZドルは当局の介入などで大幅な調整を繰り返してきた。
投資家の過剰な信頼が崩れたときには、調整の域を超えた暴落ともなりかねない。

「3月の下落時の1NZドル76~77円が一つの床。個人投資家もショックに慣れてきてはいるが、これを抜けると動揺が広がる可能性がある」(岡安盛男・マネックスFXマーケティング部チーフアナリスト)。

リーマン・ブラザーズの予測では、今年第3四半期で1NZドル66円、来年第1四半期では60円。
田中チーフストラテジストは、「数年前までNZドルはまともな投資対象ではなかったことに注意すべきだ」と警告する。
投資家は、“嵐”に備えておく必要がありそうだ。

引用終了


FX初心者 必勝法
オーストラリアドル FX 比較 業者
アイスランドクローナ FX 比較 業者
トルコリラ FX 比較 業者

オーストラリア中央銀行 政策金利を7.25%に据え置き

ブルームバーグより為替・金利・オーストラリア経済関連ニュースです。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a_1VBOGWCqww

引用開始

オーストラリア準備銀行(RBA)は5日の政策決定会合で、政策金利である翌日物オフィシャル・キャッシュレートを 7.25%と、12年ぶり高水準に据え置く決定を下した。
景気減速により、目標を上回る水準に上昇していたインフレ率に落ち着く兆しが出ている。

ブルームバーグ・ニュースが調査したエコノミスト24人全員が金利の据え置きを予想していた。

豪州の小売売上高が6年ぶりの大幅減となり、消費者信頼感が低下し、雇用の伸び鈍化の兆しがみられるなか、RBAのスティーブンス総裁に対する利下げ圧力が高まっている。
利下げが行われれば2001年以来となる。
スティーブンス総裁はこの日、10年にインフレ率は3%未満に低下するとの見通しを示した。

同総裁は「需要の鈍化を背景に、金融当局は今後現行よりも引き締め姿勢を緩めた政策に移行する余地が拡大しているとみている」と説明した。

豪ドルは米ドルに対し、7月16日に1豪ドル=0.9849米ドルと25年ぶり高値を付けて以来、5%余り下落している。シドニー時間午後2時35分(日本時間同1時35分)現在は1豪ドル=0.9243米ドルと、政策金利据え置き発表前の同0.9272米ドルから下落。
2年物豪州債の利回りは8ベーシスポイント(bp、bp=0.01%)低下の6.11%。

市場関係者らは、国内総生産(GDP)成長率が1-3月期に約2年ぶりの低水準に落ち込むなか、RBAは利下げを強いられると指摘する。

RBAは、インフレ抑制を目指して3月に2カ月連続となる利上げを行って以来、政策金利を現行水準に据え置いている。
同中銀はインフレ率を平均で2-3%に維持することを目指している。

引用終了


FX初心者 必勝法
デイトレ初心者
オーストラリアドル FX 比較 業者
アイスランドクローナ FX 比較 業者
トルコリラ FX 比較 業者
FX スワップ レバレッジ
トレイダーズ証券の外国為替取引

クリック証券FX取引スプレッド縮小 「スプゼロ体験キャンペーン」を開催

ニューズ・ツー・ユーより クリック証券 「スプゼロ体験キャンペーン」を開催
http://www.news2u.net/NRR200834785.html

引用開始

クリック証券株式会社は、2008年8月1日より、一定条件を満たした新規FX取引口座開設者にもれなく5000円をキャッシュバックする「スプゼロ体験キャンペーン」を開催いたしますので、お知らせいたします。

クリック証券ではすべてのサービスを業界最安値水準の手数料で提供しており、FX取引においても、取引手数料0円、7月16日よりご提供しておりますスプレッド0銭~(※)という好条件がお客様から大変ご好評いただいております。
さらに多くのお客様に取引コストの安さを実感していただくために、スプレッドが0銭~(※)という業界最高水準の取引条件になったことを記念して「スプゼロ体験キャンペーン」を8月1日から10月31日まで実施いたします。
※通常時:米ドル/円。相場の急変時や経済指標の発表時にスプレッドが拡大する場合がございます。


■「スプゼロ体験キャンペーン」概要

キャンペーン期間中に新規でFX取引口座を開設し一定条件を満たした方へ、もれなく5000円をキャッシュバックいたします。
○キャンペーン期間: 2008年8月1日(金)~2008年10月31日(金)
○申込方法: 期間中に、新規でクリック証券のFX取引口座を開設
○対象となるお客様: 以下の全ての条件を満たした個人ならびに法人のお客様
 (1)期間中に、新規でFX取引口座を開設
 (2)FX取引口座開設から30日以内に、FX取引口座に初回10万円以上を入金し、かつ1回以上取引を行う
○キャッシュバック内容: 対象者にもれなく5000円をキャッシュバック

詳しくは、クリック証券のホームページをご覧ください。
https://www.click-sec.com/corp/campaign/fx5000/

引用終了
インフォメーション
FX取扱業者
最新記事
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
タグ

FX取引スワップ金利スワップポイント証拠金FXレバレッジオーストラリアドルポジション政策金利ニュージーランドドル利下げ金利RBAオーストラリア準備銀行ひまわり証券トルコリラユーロ米ドル豪ドル外国為替市場ニュージーランド準備銀行マーケットメーカーくりっく365クレディスイスキウイ為替差益ニュージーランド経済円キャリートレードハイリターンFX業者為替レートポンドランド為替差損オセアニア通貨通貨ドレスナークラインオート証券資源国通貨原油安ニュージーランドグルジアオンラインFX専門チャンネルロシアNZドルカナダドルMJオンライン外国為替取引CFD口座ヒロセ通商高金利通貨アストマックスFXトレイダーズ証券FX-TVクリック証券スプレッド外国為替証拠金取引リーマンブラザーズ証券三菱東京UFJ銀行CFD取引キャッシュバックインフレマージンコールロスカット信用リスク外為証拠金取引リスクオーストラリア値付け会社